第18回日本感染看護学会学術集会の開催について

第18回日本感染看護学会学術集会長
岡田忍(千葉大学大学院)

 第18回日本感染看護学会学術集会は平成30年8月25日(土)・26日(日)に千葉大学ゐのはな記念講堂において開催することとなりました。 今回の学術集会は、「感染防止は専門家だけではなく、看護師一人ひとり、さらには患者自身・地域住民の問題でもある」をテーマとして、様々な企画を考えております。
 具体的には微生物学・免疫学・病態生理学と感染防止対策や感染症の看護・治療とのつながりについて理解を深めていただけるような教育講演、患者や地域住民自らが行う感染防止についてのワークショップなどです。実践現場の方だけでなく、学部学生にとっても専門基礎と看護実践がどのように結びつくのかを意識していただけるような内容にしたいと思っております。
 多くの会員の皆様、学部学生の方の参加をお待ちしております。

平成30年2月吉日

期日
平成30年8月25日(土)、26日(日)
会場
千葉大学亥鼻キャンパス ゐのはな記念講堂
(〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1)

1. 演題の募集

 感染症患者の看護、易感染患者の看護、感染看護の技術、看護者の感染予防行動・感染対策、他職種との連携など、感染看護に関する演題を広く募集いたします。演題は、一般演題および実践活動報告に区分します。

1) 申し込み資格

共同演者を含めて日本感染看護学会の会員または入会手続き中の者であること。

2) 申し込み方法

所定の様式に則り発表要旨(A4用紙2枚)をまとめ、演題申込書を添えてE-mailにファイルを添付して、次の宛先に送付してください。発表要旨はそのまま講演集に掲載されます。

送付先

第18 回日本感染看護学会学術集会事務局
E-mail:kansenkango18th@outlook.jp

3) 演題の査読および採否について

(1) 査読は次の選考基準に従いますのでご参照ください。

①一般演題の選考基準
  • 感染看護実践の質の向上に資する研究並びに実践報告であること。
  • 目的、方法が明確であるとともに論旨が明快であること。
  • 題名及び本文中に用いられている概念、用語、技法、図表などは明確であること。
  • 倫理的配慮がなされていること。
  • 年次学術集会講演集の作成要領に従っていること。
②実践活動報告の選考基準
  • 看護実践の場においてなされた取り組み(工夫・改善を含む)で、感染看護ケアの質の向上に資するものであること
  • 取り組みの目的および内容が明確で、結果および考察をとおして論旨が明快であること。
  • 題名および本文中に用いられている概念、用語、技法、図表などは明確であること。
  • 倫理的配慮がなされていること。
  • 年次学術集会講演集の作成要領に従っていること。

(2) 採否の結果は、平成30年5月末までにお知らせいたします。

4) 申し込み締め切り日

平成30年3月31日(土)

演題募集期間を平成30年5月7日(月)まで延長いたします。

2. 参加費

参加希望の方は事前にゆうちょ振替にて参加費をお支払いください。なお当日参加も受付けます。

一般:6,000円  看護学生:1,000円

ゆうちょ払込口座記号番号 ( 00290-2-139138 )
加入者名 第18回日本感染看護学会学術集会

事前申し込みは8月3日(金)までとし、ご希望により事前(1週間前)に講演集をお送りいたします。

3. 昼食について

 会場付近に飲食店が少ないため、1,000円でお弁当(お茶を含む)の申込みを受け付けます。申込みをされる方は参加費と一緒にお振込みください。代金は2日分の金額です。

4. 懇親会

 懇親会を8月25日(土)夕方に開催します。参加を希望される方は参加費5,000円を参加費と共にご入金いただくか、当日受付にてお支払いください。

5. 会場について

JR千葉駅、京成千葉駅到着後、JR千葉駅東口正面7番のバス乗り場から「千葉大学病院」行きまたは「南矢作」行きバスに乗車、「千葉大医学部入口」で下車。医学部附属病院へは、同バス「千葉大学病院」で下車。共に約15分。

学術集会長 岡田 忍(千葉大学大学院看護学研究科)

事務局 〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院看護学研究科内
E-mail:kansenkango18th@outlook.jp